美しい肌のために

美しい肌の最大の敵

光老化

太陽光線を長期間、無防備に浴びると肌の光老化がおこります。肌の光老化は、年齢を重ねて生じる自然の老化とは異なるもので、肌の色がくすんできたり、ハリがなくなってきて、シミ、しわ、たるみとして現れ、さらには皮膚がんが生じることもあります。

美しい肌の最大の敵は加齢ではなく紫外線です。

人は思ったほど歳をとりません。最近までシミ・シワ・たるみは「しょうがない」と思われてきましたが、それは「大きな勘違い」です。肌の老化の80%は紫外線ダメージによる老化「光老化」でした。光老化がシミ、くすみ、小じわ…肌に起きてくるトラブルを引き起こします。そしてこの80%の老化は予防とある程度の修復が可能です。

紫外線を浴びすぎるとメラニン生成が過剰になったり、一部のメラノサイトが暴走してメラニン色素生成が止まらなくなり、シミの原因となります。

また本来、真皮ではコラーゲンとエラスチンが張りめぐらされ、肌はピンと張り、弾力が保たれています。紫外線によってコラーゲンやエラスチンがダメージを受けると肌のハリを保てなくなり、しわやたるみが発生することになります。

光老化を防ぐためには、ビタミンC・E、ベータカロチン、フラーレンなどの抗酸化作用のある成分が配合された化粧品でスキンケアをすることが有効です。

肌を美しく保つ上で一番重要なもの

ビタミンA・C・Eが、肌を美しく、すこやかに保ちます

人は思ったほど歳をとりません。最近までシミ・シワ・たるみを「しょうがない」といわれてきましたが、それは「大きな勘違い」です。肌の老化の80%は紫外線による光老化でした。そしてこの80%の老化は予防とある程度の修復が可能です。

ビタミン(A・C・E)は肌を美しく、すこやかに保つ上で一番重要な成分です。なかでもビタミンAは紫外線によるダメージを修復し、肌にハリと潤いを与える働きがあります。

みずみずしい子供の肌にはビタミンAが満ちあふれています。紫外線と活性酸素で皮膚細胞にダメージがおこるとビタミンAが皮膚細胞の再生を促して健全な状態に戻します。しかし再生作業を繰り返すとビタミンAは次第に少なくなってきます。紫外線によって減少する以上にビタミンAを補給することによって老化肌の正常化がおこり、正常になっただけで若返った感じがします。

ビタミンAは体の内側と外側から補給します。内側からの補給方法はビタミンAを豊富に含む食品(ニンジン、ホウレン草など)やサプリメントなどがあります。外側からの補給には、ビタミンAを配合したスキンケア製品を使います。

口から補給されたビタミンAは肌に到達するまでには時間がかかり、肌に届く量は摂取した量よりも少なくなってしまいます。そのため、ビタミンAを肌に補給する方法としては、ビタミンA配合のスキンケア製品でのケアが効果的です。

ビタミンAの働き

●細胞の分裂と分裂を調整(ターンオーバーが正常な4週間になる、角質層が整然とする)
●線維芽細胞のDNAのダメージを修復(コラーゲンやエラスチン、保湿物質)
●メラノサイトのDNAのダメージを修復(メラニンの過剰な生成をとめる)
●コラーゲン、エラスチン、ムコ多糖体の生成を促進する
●真皮中の血管が発達し、皮膚の血色がよくなる
●皮脂のコントロールする

ビタミンAが不足するとシミ、シワ、たるみなどの肌トラブルを引き起こします。ビタミンAを数か月塗ることにより、角質は滑らかになり、表皮と真皮はふっくらとし、真皮のコラーゲンやエラスチンの量が増え、健やかで美しい肌に導きます。

さらなる効果を導くために ビタミンC・E、βカロチン

紫外線や外敵ストレスから肌を守るためには、ビタミンAとともに働く美容成分も大切です。ビタミンC、ベータカロチン、ビタミンEなどの各種ビタミンは、紫外線により発生した活性酸素からまもる抗酸化作用があります。さらにAHA(ピーリング)、ハイドロキノン、トラネキサム酸、ペプチドなどの有効成分も必要な時には使うようオススメしています。

ご自分にあったスキンケアを行っていると、無理に何かをしたような肌ではなく、自然にキレイな肌を保てます。年齢とともに多少のたるみや表情ジワがあっても肌がキレイだと、清潔感があり、若々しく見えます。

高機能化粧品とは

ビタミンA・C・Eなどを配合した高機能な化粧品のことです。シミ、シワ、ニキビなどといった肌トラブルを改善する効果が期待できます。

よい化粧品には2つのタイプがあります。

ascでは化粧品を「誰もがどんな使い方をしても大丈夫な一般化粧品」と「実際に使い続けると肌を変えていく高機能化粧品」を分けて考えています。一般化粧品は「気分を楽しむぜいたく品」、高機能化粧品は「医学的スキンケア」とよく言ってます。

現在の高機能化粧品の代表的な有効成分は?

高機能化粧品とは主に下のような成分の入った化粧品が代表的なものです。

  • ビタミンA
  • フルーツ酸(AHA・ピーリング)または浸透型化粧水
  • 抗酸化物質(ビタミンC・E、ベータカロチン、フラーレン)
  • ペプチド (マトリキシル3000、アルジルリン)

この4つです。なかでも(1)のビタミンAと、(2)のフルーツ酸は使い方が難しく、専門セラピストのアドバイスなしでは使いこなせません。ascではドクター、セラピストの指導でビタミンAなどの高機能化粧品をお使いいただいております。 なかでも(1)、(2)は使い方が難しく専門セラピストのアドバイスなしでは使いこなせません。

ビタミンAを配合した化粧品

ビタミンAにはシミを薄くする、シワを改善する、ハリを出す、皮膚の新陳代謝をよくする、ニキビの改善といった効果があります。ビタミンAは効果が高いため、使い始めの1~2ヶ月の間、肌の乾燥、赤み、ヒリヒリ感などがあることがあります。このような反応は「あなたのお肌がビタミンAを欲しているサイン」です。肌状態を見ながらセラピストが塗る量・頻度をコントロールしながら徐々に慣らしていきます。馴れるにしたがい「ハリが出た」「シミが気にならなくなった」などの、肌の若返り効果が出てきます。

エンビロン Cクエンスシリーズ

ビタミンAとビタミンCと2種類のペプチドを配合した、高機能なビタミン補給用ジェルです。浸透効果の高いビタミンA(酢酸レチノール)と、ビタミンC(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)を配合しています。シミ・シワ・たるみなどの光老化のダメージをしっかり補修し、肌のトーンや肌触りを短期間で補修します。ビタミンの配合量を変えた4段階の製品があり、徐々にステップアップします。

NEWオバジZO(ゼオ)

NEWオバジZO(ゼオ)は、皮膚治療をサポートする最新技術をもとに開発、こだわりの品質と進化したバイオテクノロジーで厳選された高濃度成分を惜しみなく配合しています。 「NEWオバジZO:ゼオ」は、肌を整えるケア、メンテナンス、毎日のスキンケア、未然にお肌のトラブルを防ぐサポートを、その時のお肌状態に合わせ、あらゆる角度から柔軟にプログラムをカスタマイズ。一人ひとりに合ったスキンケアで美しく健やかな肌へと導きます。

フルーツ酸を配合した化粧品

フルーツ酸には余分な角質をはがれやすくしてくれ、あとから塗るものの浸透をよくする効果(ピーリング効果)があります。また新陳代謝をよくする、シミを薄くしシワを少なくする、保湿などの効果があります。

エンビロン モイスチャートーナー

ジェル・クリームの浸透を助け、うるおいを高めるトーニングローション。しっとりなめらかで透明感のある肌へ。保湿製品の前に使うことで浸透をサポートし、ジェルやクリームを肌内部にたっぷりと届けます。

ダーマラックローション

ジェル・クリームの浸透を助け、うるおいを高めるトーニングローション。しっとりなめらかで透明感のある肌へ。ボディケアにもおすすめです。

抗酸化成分を配合した化粧品

フラーレン、ビタミンCといった抗酸化物質には、肌の老化予防効果や紫外線による活性酸素を除去して、酸化を止める効果があります。抗酸化物質としてはフラーレンがマスコミなどでも注目されています。

asc at home フラー美容液

ノーベル賞受賞成分フラーレンを配合した美容液です。フラーレンの抗酸化作用はビタミンCの172倍。その作用がメラニンの生成を抑制し、皮膚老化も予防できるので、美白効果やシワ、たるみなどにも効果を発揮します。

asc at home APPSプラスE美容液

ビタミンC誘導体(APPS)とビタミンEをたっぷり配合した美容液です。ビタミン C はシミ等の原因になるメラニン色素の生成を抑え、肌のキメを整えハリを与え、またコラーゲンの生成を高めてくれる・・・など様々な美容効果を期待できる成分です。ですがビタミンCそのものは不安定で肌への吸収もよくありません。そのため「ビタミンC誘導体」にすることで成分が安定し、効率よく肌に浸透します。肌に吸収されたビタミンC誘導体は肌内部でビタミンCへと変わります。

エンビロン Cブースト

水溶性ビタミンC(アスコルビン酸など)に比べて皮膚の浸透性に優れた脂溶性ビタミンC(VCIP)を高濃度に配合したクリーム、エンビロン製品中、もっとも高濃度のビタミンCを配合しています。ビタミンCの集中ケアとして、ビタミンA配合製品と組み合わせてお使いいただくことで、より効果的に肌を補修します。

専門セラピストによるカウンセリング

本当に自分の肌に合った化粧品を見つけるためには、さまざまなことを考慮して選ぶ必要があります。ascイオンモール徳島店では、専門セラピストがお肌のお悩みに合わせたスキンケアをご提案させていただきます。ぜひ、ご相談にお越しください。