AKAIKEの女性の医療育毛

髪にハリ・コシがない、ボリュームがない、抜け毛が多くなった…。髪・頭皮でお悩みの女性が増えています。「髪にハリ・コシがない、ボリュームがない、抜け毛が多くなった」…など、髪・頭皮のお悩みをもっている方が増えているといわれています。出産後脱毛症、ダイエットによる脱毛、円形脱毛症など、女性の薄毛・抜け毛の原因は様々です。

でも、医学は進んできています。正しい知識を持ち、積極的に治療していきましょう。私は女性の化粧品について医師が正しい知識をもつべきだと思うのと同じように、今後は女性・男性の薄毛治療についても、医師が正確な知識を持つべきだと思いました。

HARG療法など、毛髪再生医療が注目されています

発毛・育毛治療において、近年最も注目されているのが、「毛髪再生医療」です。「毛髪再生医療」の代表的な方法として、当院でも既に導入している『HARG療法』があります。四国で初めて導入したHARG療法は、世界各国での共同研究で開発された、毛髪再生の有効成分をダイレクトに頭皮に与えていく治療法です。医療機関のみ施術ができる発毛・育毛療法です。当院では2008年より治療を行っており、安心で人気の施術です。

2018年より導入した『ヘアフィラー』も「毛髪再生医療」の一つです。HARG療法では成長因子が配合された薬剤を注入するのに対し、ヘアフィラーでは毛髪再生を促す「機能性ペプチド」を注入します。ペプチドとは、2つ以上のアミノ酸が結合(ペプチド結合)したもので、様々なペプチドが存在し人体の生命維持に関わっています。ヘアフィラー7種類のペプチド複合体配が作用し、髪の再成長、頭皮の再構築を促します。ヘアフィラーは、女性・男性共に薄毛治療が可能です。

プレハーグ トリートメントも2018年より導入している毛髪再生療法です。プレハーグトリートメントでは、「ケアシス」を使用して、発毛に効果がある機能性ペプチドが配合された薬剤をエレクトロポレーションで浸透させていきます。

ascではクリニックでの治療(HARG、ヘアフィラー、プレハーグトリートメント)と、サロンケア(サプリメント、育毛ローション、ライフスタイルの指導など)を組み合わせた薄毛治療を行い、症状や頭皮状態に合わせたメニューをご提案しています。

ドクタープロフィール
赤池クリニック 院長 赤池 瞳

【略歴】昭和57年徳島大学医学部卒。医学博士。 日本内科学会認定医。日本美容皮膚科学会会員。日本循環器学会会員。asc(AKAIKEスキンケアセンター)グループ代表。 H.3 内科開院。H.14「asc west」を内科に併設し臨床医の立場からスキンケアの大切さをアドバイス。H.15 メディカルエステ「asc clement」、医療レーザー脱毛専門「赤池クリニック」を新設。

『元々は内科医なのですが、数年前に肌がひどく荒れたことがあってエステやクリニックに行きましたがよくならず、ならば自分で、とスキンケアの勉強を始めました。その時、私のように悩んでいる方が多いのではと思ったのです。 私は最新の医療が好きですが、常にリスクとリターンを考え「自分だったらどうしてほしいか」をいつも考えています。』