楽して痩せる、医療痩身!

ボディメイクの基本は筋肉を付けて引き締めていくことで、もちろん大切なのは食事と運動。赤池クリニックグループでは、管理栄養士による個別食事指導や食事療法、運動療法のサロンセミナーにも取り組んでいます。しかし、実は食事と運動だけでは部分痩せは難しく、しかも誰もが「楽してキレイに痩せたい」と願っています。

実は、院長の赤池先生も子供の頃から運動が大の苦手で、楽して痩せたいが、一般的な痩せると言われる「エステティックの機械では効果が見えない」、とはいえ「美容外科の脂肪吸引手術などは、副作用や合併症が怖い」ということもあり、赤池クリニックでは、効果や安全性が担保された「楽して痩せる」機器を数多く揃えています。

中でも、脂肪吸引手術以外で、現在世界で部分痩せの効果が一番高いのは「クルスカ」。アメリカでは部分痩せ治療として圧倒的なシェアを誇ります。

クルスカ(ゼルティック)は、周辺組織には影響を与えずに、脂肪だけを選択的に凍結(結晶化)させます。この理論「選択的冷却脂肪融解術(Selective Cryolipolysis)」は、ハーバード大学・ウェルマン光医学センターのR.アンダーソンとD.マンシュタインによって研究、発表されました。この理論を応用し「ハーバードの科学とゼルティック社の技術」で治療方法として確立したのがクルスカです。

世界的に有名な研究者達が研究を重ねて作り上げた機械だからこその効果と安全性に信頼がおけるのです。この世界的にヒットした「クルスカ」を模倣し、開発・実験コストを抑えたコピー品が国内でも数多く出回っていますが、安全性において疑わしい面もあると言わざるをえません。オリジナルの正規品しか導入しない。というのが、赤池クリニックの基本ポリシーです。


クルスカに続き2017年に導入したのが、世界的なレーザーメーカーであるサイノシュア社(米国)が開発した『スカルプシュアー』です。切らない部分痩せマシンとして人気があり、世界で1000台以上導入されている医療用痩身器機です。暖めて脂肪を破壊するのが特徴です。

皮下脂肪のみをターゲットに低出力レーザーを照射します。低出力レーザーは肌表面では熱を発生させずに、脂肪細胞のみに熱を発生させる特徴があります。この特徴をいかし、脂肪の温度を42~47℃にして、脂肪細胞のみを破壊します。お腹周りなどのしつこい脂肪に対し有効です。治療時間は25分と短く、治療中は雑誌を読むなどリラックスしているだけです。

切らないレーザー治療なので、痛みもなく、治療後すぐにいつもの生活に戻ることが可能です。運動などの制限もありません。


赤池クリニックでは、医師、管理栄養士、看護師、セラピストが一体となったチーム医療も強みの一つです。医師による診察や指導だけでなく、お客様に寄り添ってキメ細かなケアや励ましを行ってくれるスタッフがいるからこそ、ダイエットを継続していくことができます。

せっかくクリニックで治療を受けてもその後を疎かにすると効果は持続しません。サロンでのケアや生活習慣まで、目配りの行き届いた指導があってこそ、ダイエットもより効果的になります。

クルスカを始め、赤池クリニックグループでは、現在8種11台のボディ用(痩身)機器を保有しています。

クリニックでの治療と赤池クリニックグループ各サロンでのサロンケアを巧みに組み合わせたメニューを用意、よりスピーディーに効果のあるダイエットが可能です。

赤池クリニックの近隣にはラグジュアリーな雰囲気のホテル内サロンや、メンズ専門サロンなどもあり、グループ4施設でそれぞれお客様をお迎えしています。無理なく、スピーディーに、着実に。自然な美しさと若々しさを手に入れたい方におすすめです。