赤池クリニックのオススメするスキンケアの基本!その順番、目的は?

美しいお肌の維持に欠かせない、毎日のスキンケア。

誰でも、物心ついた頃からやっている自分なりのスキンケアがあると思います。加えて、最近の化粧品の種類は非常に多彩であり、まさに十人十色のやり方があると言えるでしょう。

しかし、実際のところ正しいとされるスキンケア、その基本や順番をご存知でしょうか。

もっとも、肌の特性やそれに適したスキンケアは人によってさまざま。自分の肌にあったスキンケアをするのが一番です。しかし、スキンケアの基本を最低限おさえていなければ、さらなるお肌のトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

ここでは赤池クリニックの提唱するスキンケアの基本をご紹介いたします。基本をしっかりと押さえてあなただけのスキンケアの方法を見つけてください!

はじめに

スキンケアをするにあたり、当クリニックでは「洗いすぎない、こすらない」やり方をおすすめしております。

顔の油分や化粧、クレンジング剤を完全に落としたい人はゴシゴシとこすってしまいがちですが、実際、それが原因で乾燥肌になってしまう場合があるのです。

人間のお肌はバリア層を持っており、いわば自家製の保湿成分を生み出しています。それを過度な洗顔、クレンジングで落としてしまうとせっかくキレイになろうとしている肌の作用が失われてしまい、さらなるお肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。洗顔料を使った洗顔は1日1回にしましょう。

また、洗顔するときは手が痛くない程度の温度の水を使うのがおすすめ。お皿洗いで熱いお湯を使うと油がすぐ落ちるように、お肌のうるおいや保湿成分が損なわれてしまいます。

スキンケアは朝と夜の2回が基本!

スキンケアは朝と夜の2回行うのが基本です。

それぞれに役割が違うため、朝の外出前のスキンケアと、夜のおやすみ前のスキンケア、その目的をしっかりと理解しておきましょう。

朝のスキンケア

朝のスキンケアは寝ている間に汗や皮脂といった汚れを落としたり、紫外線などの日中にお肌が受けてしまうダメージをケアするのが基本的な目的です。

夜のスキンケア

夜のスキンケアはお化粧を落とすのはもちろん、紫外線や花粉といった日中に発生したお肌のダメージの回復が目的です。

また、寝ている間のお肌の乾燥を防ぐために保湿をするのも重要でしょう。

それでは次は実際にどんなことをすればよいか見ていきましょう。

スキンケアの正しい順番、方法は?

スキンケアの順番は基本的に同じですが、朝と夜で目的を意識しながらスキンケアをするのが、上級者への第一歩です。順番としては洗顔後、油分の少ないスキンケアイテムから使っていくのが良いでしょう。

ドクターズコスメの場合は使用する順番が決まっていたりするので、スタッフに相談しながら使用するのがベストです。

朝のスキンケア

朝のスキンケアは洗顔と日焼け止めに加えて、自分のお肌に必要な成分を含んだ化粧水、美容液等を使うようにしましょう。敏感肌、乾燥肌の人は自家製の保湿成分をなるべく保つことから始め、徐々に必要な成分をお肌に与えていくようにすると良いでしょう。

1.洗顔

朝起きて1番のスキンケアは洗顔です。夜にしっかりとスキンケアを行なっているので不要だと思われがちですが、チリ・ホコリや汗、皮脂など意外とお肌は汚れています。必ず洗顔するようにしましょう。

手に貯めた水を顔に持っていくようにして洗い、手が顔に触れないようにするのを心がけてください。

なお、皮脂の多い10代でなければ洗顔料は使わないようにしましょう。せっかくの自家製の保湿成分が失われてしまいます。

2.お肌に栄養を与える

集中的にケアしたいお肌トラブルがあるなら、ここで化粧水や美容液、クリーム等を使って自分のお肌に栄養を与えます。肌のお悩みに合わせてアイテムを選びましょう。

ドクターズコスメを使うならこのタイミングです。

3.日焼け止め

最後に、お肌の天敵である紫外線からのダメージを減らすために、日焼け止めまたは、日焼け止め効果のある化粧の下地を使います。日焼け止めアイテムは季節やシーンにあわせたSPF値やPA値のものを選ぶと効果的でしょう。

スキンケア以外にも長袖の服を着たり帽子を被るなどして、なるべく紫外線ダメージを減らすようにしましょう。

紫外線は老化の原因!?

年齢を重ねていくと必ず直面するお肌の老化の悩み。

実はその老化の8割が紫外線によるダメージが引き起こす光老化だということはご存知ですか?

つまり、光老化をしっかりとケアすればお肌の老化を最小限に抑えることが可能なのです!

詳しくはこちらのページをご覧ください。

あわせて読みたい→光老化について

夜のスキンケア

夜のスキンケアは化粧落とし、日中にお肌が受けたダメージの回復、寝ている間にお肌が受けるダメージをケアします。朝よりしっかりとスキンケアをし、たっぷりとうるおいを与えて保湿するとさらに効果が見込めるでしょう。

1.クレンジング

まずはクレンジングオイルを使ってメイク、皮脂汚れを落とします。

オイルは、お肌にのせるだけでもメイクをしっかりと落としてくれます。

顔ではなく手の上でオイルを伸ばし、顔が動かない程度の力で肌になじませることを意識しましょう。

凹凸のある小鼻や、あごなどのざらつきやすい場所は、やさしく指の腹でくるくる回すとよくなじみます。

アイメイクに関しては、アイシャドウはオイルがついた指で一回なぞる程度、マスカラはオイルを含ませた親指と人差し指でまつ毛をつまんで揉むとしっかりと落とせます。

メイクにオイルがなじんだら水で洗い流します。この時重要なのが水の温度と洗い方です。

手が痛くない温度で、決してこすらないように洗ってください。

手をお椀型にして水をしっかりとため、顔の近くでぱしゃっと掛けるようにすれば、顔に手が触れずにすみます。また、この段階でオイルを完全に流すのは難しいため、数回流すだけでかまいません。

2.洗顔 

次は洗顔です。洗顔クリームをオイルと同様に手のひらで伸ばし、皮膚が動かない程度の力で肌になじませます。ここで強くなじませるのもやめましょう。知らず知らずこすってしまうことがあります。

洗い方はオイルと同様で大丈夫。こすらないように注意しましょう。

洗顔後のすすぎに関してはしっかりとクリームを落とします。手にたっぷりと水をためて隅々まで洗うようにしましょう。ここでもこすらないことが重要です。

最後に、清潔なやわらかいタオルでやさしく押し拭きしてください。

こすらない洗顔についてはこちらの動画で詳しく解説しています。ぜひご覧ください!

3.お肌に栄養、うるおいを与える 

洗顔でメイク、お肌の汚れを落とした後はお肌のお悩みに合わせた栄養を与えます。夜のスキンケアでは、保湿化粧水を使ってお肌に潤いを与えるのも良いでしょう。

ここでお肌トラブルの予防、修復に効果が見込めるドクターズコスメを使うとより効果的です。

赤池クリニックがオススメする「asc at home」

赤池クリニックではこすらないクレンジングや洗顔、そして光老化の予防におすすめのドクターズコスメとして「asc at home」をオススメしております。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

asc at home アカイケドクターズコスメ・ネットショップ(赤池クリニック)
ドクターズコスメやサプリメントの通販・ネ...

困った時はご相談を!

スキンケアの基本はわかったけど、自分のお肌に合う化粧品がわからない、化粧品を買って失敗するのが怖いという人は、プロの診断を受けてみるのも一つの手です。オンライン診療を利用したり、実際にクリニックで受診してみましょう。

赤池クリニックではオンライン診療を実施しております。詳しくはこちらのページをご覧ください。

オンライン診療(エンビロン・ゼオスキン・ゼオスキンヘルス)|メディカルasc by 赤池クリニック(アカイケドクターズコスメ・ネットショップ) 
エンビロン、ゼオスキンなどのドクターズコ...

まとめ

当ページでは、こすらない洗顔や光老化のケアなど、赤池クリニックのオススメするスキンケアの基本についてご紹介しました。

当記事を参考にご自分のお肌としっかり相談し、あなただけのスキンケアを見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました